本文へスキップ

輸出・輸入実務5,000件以上の経験と実績で貿易ビジネスをサポート。輸出入相談はお気軽に。

日本語サイト日本語/英語サイトEnglish

貿易用語集Trade Glossary

貿易用語 索引

A

ACFTA|ASEAN中国自由貿易地域協定
2010年に発効されました。ASEANと中国間の関税を2020年までに0〜5%に引き下げる経済協定です。ASEAN China Free Trade Agreementの略です。
Advising Bank|通知銀行
LC(信用状)に関連した用語です。信用状発行銀行の依頼に基づいて、受益者(輸入者)宛に信用状の通知を行う銀行(受益者所在地近くにある本支店、またはコルレス銀行)のことです。 通常は輸出者と取引関係にある銀行が選定される場合が多いです。
Air Freight Forwarder|航空貨物混載業者
航空用語です。略して、フォワーダーともいいます。複数荷主の貨物を集荷し、航空会社から借り受けたスペースに搭載、混載輸送を行います。混載輸送業務だけでなく、一般的には、通関業務・倉庫保管業務なども平行的に行っています。
All In
物流用語です。All Surcharge Includedを省略した物流業界独特の言葉です。基本運賃(Base Freight)の他、全ての割増料金が含まれていることの意味です。
Arrival Notice|貨物到着案内書
貨物の到着を通知するための書類です。船会社またはその代理店が貨物の到着を通知するための書類です。A/Nと省略することが多いです。 A/Nには運賃や港での諸費用などの明細が記載されているため、税関への輸入申告に必要な書類となっています。 海上輸送の場合に使われます。航空貨物の場合は短時間で貨物が到着してしまうので書類発送をしている暇がなくメール・電話で到着案内が行われます。
AS ARRANGED
BLまたはAWBに記載される物流用語です。FREIGHT AS ARRANGEDの省略形で、手配どおりの運賃の意味です。

B

BAF (Bunker Adjustment Factor)|燃料割増料
海上輸送で発生する物流コスト用語です。燃料割増料のことです。
Bill To|請求先
輸出貨物代金の請求先のことです。貿易書類(Invoice)に記載する項目のひとつです。SOLD TOともいいます。
貨物の出荷先と請求先が異なる時に使用する用語です。インボイスにBILL TO:請求先、SHIP TO:送り先を記載します。
B/L Fee
海運輸送(コンテナ)で使われている物流用語です。船会社が荷主に対して請求するB/L(船荷証券)発行手数料のことです。DOC Feeという場合もあります。
BL|Bill of Lading 船荷証券
海上輸送で使われる物流用語です。船会社が船積み地点で貨物を受け取ったことと、指定の目的地までの運送及びその荷揚げ港で貨物受取人に貨物を引き渡すことを約した有価証券のことです。貨物の所有権を表す証券で、手形と同じく裏書によって譲渡可能です。
Booking
船会社、航空会社に貨物の目的仕向地までのスペース予約をすることです。

C

Commercial Invoice|商業送り状
輸出入申告、代金決済の際に発行される重要な書類。船積み貨物の明細(品名、数量、価格、契約条件、契約単価)を記載します。
コマーシャルインボイスは正式なインボイスとして税関提出用に使用できます。また、無償(non commercial value)であっても、commercial invoiceを発行します。
CY Container Yard
海上輸送コンテナの蔵置保管、受け渡しをするコンテナヤード施設のことで、CY(シーワイ)と呼びます。
海上輸送(コンテナ)で使われる物流用語です。コンテナの船積み及び船卸をどこのCYで行うかは船会社が指定します。輸出の場合は指定されたCYでの実入りコンテナの引き受けと船積みのための蔵置、輸入の場合は実入りコンテナの引き渡しと船卸後の蔵置が行われます。
CY Cut
海上輸送(コンテナ)で使われる物流用語です。
フルコンテナ単位で輸出する場合のコンテナヤードへの搬入最終日のことです。
「カット日」と略して使われる場合が多いです。通常、本船出航日の3日前。混載輸送ではこの用語は使われません。
CAF (Currency Adjustment Factor)|為替割増料
海上輸送で発生する物流コスト用語です。「カフ」とよみます。
為替割増料のことです。通貨変動による為替差損益を調整する割増または割引料のことです。
一般的に基本運賃(ベースレート)に対する割合%で価格が決められます。
同義の言葉にCurrency Surcharge(CS)、YEN Application Surcharge(YAS)があります。YASは日本円高騰に対する割増料で、特に東南アジア航路に使われます。
Certificate of Origin|原産地証明書
海外ではForm Aともいいます。
CIF (Cost, Insurance and Freight)
貿易取引条件としてよく使われる、運賃・保険料込み条件のことです。
FOBと同じく、日本では長年親しまれているCIFですが、在来船輸送に限って使い、海上コンテナ輸送の場合にはCIPを使うことをお勧めします。
CITES
正式名称:CITES(=Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)
一般的には、ワシントン条約(Washington Convention)と称します。

絶滅のおそれのある希少野生動植物の国際取引に関する条約のことです。 規制される種は付属書に掲載されています。その危急性に応じてT,U,Vに分類され、付属書T掲載種は商取引の禁止、U,V掲載種は商取引可能であるが、輸出国の管理当局が発行するCITES輸出許可書等が必要です。
生きている動植物だけでなく、例えばはく製や革製品、化粧品や医薬品などの加工品も規制の対象です。
CNEE
船荷証券(BL)または航空送り状(AWB)面に記載されている貨物到着地での貨物受取人のことです。
ConsigneeをCNEEと略すことが多いです。
CY Charge
コンテナヤードで発生する物流コスト用語です。海上輸送コンテナを搬入して蔵置保管、受け渡しをするコンテナヤード使用料のことです。
CAS (Chemical Abstracts Service)|化学物質番号
化学物質を特定するための番号で、安全データシートMSDSに記載されています。
Catch-All Control|輸出貿易管理令キャッチオール規制
別表第一の16項にて、輸出する全ての商品は、誰がどのような用途に使うのかの確認を求められます。
Courier Cargo|クーリエ貨物
ドアツードアでの一貫輸送サービス・民間の国際宅配便を利用した航空貨物のことです。
クーリエとは外交文書を運ぶ飛脚便に由来しています。
緊急を要する書類または重量・容積の少ない小口貨物の場合に利用されます。クーリエでは一般に、価格が少額な書類や小口貨物をマニュフェスト通関(簡易通関)しています。
そのため、迅速に通関できますが、送れる貨物の内容が限られてしまいます。
代表的なクーリエ会社はFedEx、DHL、UPS、OCSなどです。なお、国際郵便であるEMSはクーリエではありません。
C&F (Cost & Freight)
貿易取引条件としてよく使われる、運賃込み条件のことです。CFR、CNFとも呼ばれます。
輸出港において本船に貨物を積み込んだ時点で、輸出者から輸入者に危険負担が移ります。
FOB、CIFと同じく、日本では長年親しまれているCFRですが、在来船輸送に限って使い、海上コンテナ輸送の場合にはCPTを使うことをお勧めします。
CPT (Carriage Paid To)
CPTとは「Carriage Paid To」の略で、輸入地指定場所までの輸送費込みの運送人渡し条件のことです。
売主の指定した運送人に貨物を引渡した時点で移転します。コンテナ輸送での取引の場合に使われます。
日本ではCPTはあまりなじみがなく、CFRのほうが長年親しまれていますが、海上コンテナ輸送の場合にはCPTを使うことをお勧めします。

D

DDU (Delivered Duty Unpaid)
指定仕向地持込渡し(関税抜き)条件のことです。INCOTERMS 2010で廃止。輸入地の指定場所で輸入通関をしないで貨物を引渡し、危険負担を移転。関税は輸入者負担です。
到着地でのターミナル料、特にコンテナ輸送の場合の経費負担が不明確なため、INCOTERMS 2010でDDUを廃止し、DATとDAPが新設されました。
Delivery To|貨物配達先
貿易書類(Invoice)に記載する項目のひとつです。SHIP TOともいいます。輸出貨物の配達先のことです。貨物の請求先と配達先が異なる時に使用する用語です。
Demurrage|超過保管料
コンテナの保管に関する物流用語です。コンテナ貨物が期限内(フリータイム)に引き取られない場合に発生する超過保管料のことです。
Devanning
海上輸送(コンテナ)で使われる物流用語です。コンテナから貨物を取り出す作業のことです。
Dock Receipt
輸出実務で使われる書類の一種です。コンテナ貨物がコンテナ・ヤードに搬入された時に船会社が発行する貨物受取書のことです。
船荷証券(B/L)はドックレシートの情報をもとに作成されるため、信用状情報に合致する正確な記載が必要です。
DDP (Delivered Duty Paid)
貿易取引条件の一つです。仕向地持ち込み渡し関税込み条件のことです。発地から着地までのすべての経費(輸入通関・関税等も含めて)が売主の負担と手配であり、買主にとっては何もしないでよい便利な取引条件です。
主に、ドアツードアの国際宅配輸送で使われています。
Devanning Report
コンテナから貨物を取り出した(デバン)際の貨物の数量過不足、ダメージ状況など、貨物の到着時状況報告書のこと。輸入実務で使われる書類の一種です。
本船側、荷主側、それぞれが確認署名する。保険クレーム処理で重要な書類です。
Door to Door
国際宅配輸送方法のことです。 A地点で貨物をピックアップ、輸出通関後、国際輸送、輸入地での輸入通関、B地点への配達までの一貫輸送のことです。
戸口(ドア)から戸口(ドア)まで一運送者の責任で行う。ドアツードア輸送を行う業者はフォワーダーと呼ばれます。
Dry Container
一般貨物用密閉型コンテナのことです。常温で輸送します。
長さは通常20フィート(約6m)、40フィート(約12m)の2種類。高さは8フィート6インチ(約2m60p)が一般的です。そのほか、高さ9フィート6インチ(約2m90p)のハイキューブ型があります。
DG (Dangerous Goods)
航空貨物輸送における危険物のことです。
人間の健康、安全または財産や環境に害を及ぼすおそれのある物品、物質が危険物として、国際航空運送協会(IATA)の危険物規則書(DGR Dangerous Goods Regulations)に指定されています。

E

ETD|出港予定日
ETDは、Estimated Time of Departureの略です。貨物の出発・到着予定を確認するときに使われる貿易英語です。
ETA|入港予定日
ETAは、Estimated Time of Arrivalの略です。貨物の出発・到着予定を確認するときに使われる貿易英語です。
EXW (Ex Works)
工場渡し条件のことです。輸出地の工場で貨物を引渡す条件です。この時点で危険負担も買主に移転します。
EXWの場合、売主は輸出手続きをなにもしないでよいと思えますが、輸出許認可などの手続きは売主が行うことになっています。
輸出貿易管理令の該非判定などは売主が行う必要があります。

F

FOB (Free on Board)
本船渡し条件のことです。貿易取引条件としてよく使われるFOBは、Free On Board を略した言い方のことです。
Free Time|無料保管期間
コンテナの保管に関する物流用語です。貨物到着地で貨物引き取りまで無料で保管できる一定期間のことです。この期間を過ぎるとDemurrageが発生します。
FCL (Full Container Load)
コンテナ貨物は、20フィートか40フィートコンテナで運搬されます。
コンテナ1本を満たす量の貨物がある場合で、荷主がコンテナ1本を借り切り、貨物搭載を自分で行うことの意味です。
フルコン、「工場バンニング」または「Shipper's Load」とも言います。
Forwarder|貨物利用運送事業者
自分では輸送手段を持たず、航空会社または船会社から借り受けたスペースに貨物を搭載、国際輸送を行う事業者。複数荷主の貨物を集荷し、仕向け地ごとに仕分け、 大口貨物に仕立てる混載業務を行うものを混載業者(コンソリデーター)といいます。
海上・航空いずれの場合にも使いますが、海上の場合はNVOCC、航空はエアー・フレイト・フォワーダーといいます。
国際輸送業務だけでなく、一般的には、通関業務・倉庫保管業務・配送手配なども平行的に行っています。
Form A
日本以外で発行された原産地証明書のことです。 一般特恵関税を受ける際に必要となる書類です。 正式名は「一般特恵制度原産地証明書様式A」。略してGSP(Generalized System of Preferences):Form Aで、法令で定められており、原産地の税関又は権限を有する商工会議所等が発給したものでなければなりません。
有効期限は発給日から1年で、特恵関税を適用する場合は輸入申告の際に原則として原本を税関に提出する必要があります。
Free House Delivery
物流用語です。到着地持ち込みまですべての費用を輸出者が経費負担することです。
インコタームズDDP条件と同じ意味ですが、インコタームズの貿易条件ではありません。発地から着地まですべての経費負担が輸出者であることを明確にするため、日本のフォワーダーがこのような用語を使っています。
Freight Collect
運賃到着払いのことです。 貨物が輸入地に到着後、荷受人が運賃を支払います。FOBやEXWなど運送費が含まれていない貿易条件の時に使われます。
Arrival Notice(貨物到着案内)にFreight Collectと記載がある場合は、運賃を直ちに船会社・航空会社に支払う必要があります。フォワーダーが立替えて支払うことも多いです。
Freight Prepaid
運賃元払いのことです。
Charges Prepaidと同じ意味です。
荷送人が運賃を支払うことで、CIFやC&Fなど運賃が含まれる貿易条件の時に使用します。

G

H

High Cube Container
高さが9’6”(2,896mm)ある背の高い40フィートコンテナのことです。一般的な汎用コンテナは高さ8’6”(2,591mm)です。
HS Code  Harmonized Commodity Description and Coding System
「商品名称および分類についての統一システムに関する国際条約(HS条約)」に基づいて定められたコードです。
すべての商品が成分ごと、または用途ごとに細かく分類されます。すべての商品を21の「部」に分類。「部」「類」「項」「号」の順に細分化。「号」までの6桁が各国共通。「号」以降は各国のルールで細分化されています。
税番、統計品目番号、Tarrif Code(タリフコード)とも呼ばれます。
HAWB (House Air Way Bill)|混載航空運送状
航空輸送で使われる物流用語です。
混載業者が発行する航空貨物の受取証のことです。
航空会社(実運送人)が混載業者に発行する航空運送状をマスター・エア・ウェイビル(Master Air Way Bill:MAWB)といいます。混載業者が荷主に発行する航空運送状をハウス・エア・ウェイビル(House Air Way Bill:HAWB)といいます。

I

Inquiry|引き合い
輸出者に対して取引条件の提示を依頼することです。輸出入契約交渉に関する用語です。
輸出入契約交渉のスタートラインです。引き合いを受けて具体的な取引条件を示すことをオファーといいます。
Invoice|送り状
一般的にはCommercial Invoiceと同義です。
代金決済、輸出入申告に使用される貿易取引上最も重要な書類です。
貨物の明細書であり、納品書、請求書でもあります。
輸出者が作成するもので、決まったフォーマットがあるわけではありませんが、必要事項を記載しなければなりません。
@貨物に関すること(品名・単価・数量・合計金額など)
A輸送に関すること(仕向地・輸出者名・輸入者名など)
B貿易条件・支払い条件・作成日・送り状番号など
通関書類でもあるため、必要事項は間違いなく記載しなければなりません。
INCOTERMS
インコタームズ=INCOTERMS=International Commercial Terms
国際商業会議所(ICC/本部:フランス・パリ)が1936年に定めた貿易条件の解釈として、世界で最も利用されている国際貿易取引条件のことです。

J

K

L

LCL (Less Than Container Load)
コンテナ1本に満たない小口貨物で混載貨物のことです。
L/C (Letter of Credit)|信用状
貿易決済手段の一種で、銀行が支払保証をした確約書のことです。
銀行を介在させることで、輸出者が代金回収するのに確実となる利点があります。銀行は、船積書類提示と荷為替手形提示を条件に商品代金の支払いを保証します。

M

M3
貨物の容積を表す単位のことです。
縦、横、高さが1メートルの場合、1立方メートルとなります。これを「1M3」と記載する場合が多いため、立方メートルのことをエムスリーと言います。 英語表記では、CBMと略することが多いです。
MAWB (Master Air Way Bill)|航空運送状
航空輸送で使われる物流用語です。
航空会社が発行する航空貨物の受取証のことです。
航空会社(実運送人)が混載業者に発行する航空運送状をマスター・エア・ウェイビル(Master Air Way Bill:MAWB)といいます。混載業者が荷主に発行する航空運送状をハウス・エア・ウェイビル(House Air Way Bill:HAWB)といいます。
Minimum Charge M/M
国際運賃の計算方法に関する物流用語です。
各船会社・航空会社が設定している最低運賃のことです。M/Mと略します。
MSDS|Material Safety Data Sheet 安全データシート
製品材質・組成や取り扱い注意事項を記載した書類です。
化学製品などの場合、危険品輸送に該当する場合もあり、見積り時や輸送委託時に提示を要求されます。
日本語名称としても、「化学物質等安全データシート」、「製品安全データシート」、「化学物質安全性データシート」など呼び方に違いがありますが、一般的には MSDS と呼んでいます。
英語でも呼び方が異なっています。米国、カナダ、オーストラリアではMSDSの用語を用いていますが、欧州・ニュージーランドではSDSの用語を用います。

N

Notify|着荷通知先
BLまたはAWBに記載される物流用語です。
貨物到着地における貨物の到着通知すべきあて先のことです。

O

Open Top Container
天井部が開いた構造の特殊コンテナ。天井部は防水布(PVCシート)でカバーします。
長尺貨物や嵩高貨物などドアから出し入れしにくい貨物をクレーンを使ってコンテナ上部から荷役することができます。
サイズは20フィートと40フィートです。

P

Packing List
梱包明細書のことです。貨物の積みおろし、受け渡し確認などをスムーズに行うために、通関インボイス以外に、梱包ごとの荷印、梱包番号、重量などの梱包明細を記載した書類です。
特に、書類と貨物を照合を間違いなくするため、梱包ごとの荷印(Shipping Mark=シッピング・マーク)を梱包明細書に記載することを忘れないようにしましょう。
Parameter Sheet
輸出貿易管理用語です。
該非判定のためのチェックシートの一つです。
海外に製品・技術を輸出する場合、その製品や技術が輸出令別表第1や外為令別表で規制されている貨物や技術に該当しているかどうかを判定、その結果を記載するチェックシートに、「パラメーターシート」と「項目別対比表」があります。
対象となる貨物と技術ごとに、「該当」、「非該当」、「対象外」の判定を求めていますが、最終判定としては「該当」か「非該当」にチェックするようになっています。
「パラメーターシート」は分野別、特定の品目にしか対応していませんが、フローチャート形式になっており、条文を熟知していなくても一通りの判定ができるように詳しい解説が書かれています。「項目別対比表」はリスト規制全部に対応しているが、条文そのものが書かれており、法令を熟知して自分で判定できる人向けといえます。
Partial Shipment|パーシャル船積み
分割積み=受注数量を何回かに分けて船積みする輸送方法のことです。信用状統一規則では「一部船積」と訳されています。
Place of Delivery|荷渡し場所
物流用語です。輸出入書類に記載する貨物の荷渡し場所のことです。
Plywood|合板
貨物を輸送するための木箱梱包やパレットなどに使われる梱包材料の一種です。
木製梱包材から有害なマツクイムシなどの病害虫がないために、一般的な材料として使われています。
Port of Loading|積出港
物流用語。輸出入書類に記載する貨物の輸出港のことです。
Pallet
貨物を載せるための荷役台です。台の脚と脚の間にフォークリフトやハンドリフトの爪を差し込んで移動させます。
材質は木材や合成樹脂、スチール、強化段ボールなどです。P/Tと省略します。
パレットに小型貨物やカートンを複数積み、フィルムやバンドでひとまとめにした梱包方法をパレット梱包といいます。
Place of Receipt|荷受け場所
物流用語です。輸出入書類に記載する貨物の荷受け場所のことです。
Phytosanitary Cerificate|植物検疫証明書
国際植物保護条約では、国際輸送に使用される梱包材に対し、消毒基準を設け、消毒処理済みマークの表示方法等を規定しています。
特に、病害虫が潜みやすいとされる針葉樹製梱包材については、熱処理または臭化メチルくん蒸処理を行い、処理済み証明書を輸入時に提出することを義務付けています。
Port of Discharge|荷揚港
物流用語です。輸出入書類に記載する貨物の輸入港のことです。
Proforma Invoice
見積り時点で発行されるインボイス、または代金送金用に発行されるインボイスのことです。
買主側で輸入許可を得てから外貨送金を行うなどの目的に使われています。
Purchase Order|購買契約書
輸入者が輸出者に発行する購買契約書のことです。PO ピーオーと略します。

Q

Quarantine|検疫
輸出入通関時の検疫のことです。

R

Reefer Container|リーファー・コンテナ(冷凍コンテナ)
冷凍(冷蔵)貨物を輸送するため、冷凍機が内蔵されたコンテナのことです。
Revenue Ton RT|運賃計算トン
国際運賃の計算方法に関する物流用語です。
輸送運賃は、実重量または容積重量、いずれか大きい方が運賃請求単位となります。運賃収益となるトン数=運賃計算対象となるトン数の意味で、W/Mとも略します。

S

Ship To|貨物配達先
貿易書類(Invoice)に記載する項目のひとつです。
DELIVERY TOともいいます。輸出貨物の配達先のことです。貨物の請求先と配達先が異なる時に使用する用語です。
Shipper|発送人
荷送人または荷主のことです。一般的には、輸出者のことです。
Shipping Advice|船積通知書
輸出実務で使われる書類の一種です。輸出者が輸入者宛てに船積明細を通知する書類のことです。
Shipping Documents|船積書類
貿易資金決済に関連した用語です。
船積書類とは、船により輸送される貨物の財産権を表す商用書類を指します。(外為実務では一般的に航空機や陸上輸送の場合も含む)
「商業送り状(invoice)」「船荷証券(B/L)」「保険証券(I/P)」の3つが主要なもので、輸出者が作成・準備し、銀行経由もしくは直接輸入者へ送付し輸出代金を回収します。
Shipping Mark|シッピング・マーク
貨物の積みおろし、受け渡し確認などをスムーズに行うための梱包ごとの荷印のことです。
Case Mark(ケース・マーク)とも言います。
梱包の見やすい場所に貨物を特定しやすいよう表示します。船積指図書に従い、梱包だけでなく各種の船積書類にも記載します。
Sold To|請求先
貿易書類(Invoice)に記載する項目のひとつです。BILL TOともいいます。輸出貨物代金の請求先のことです。
貨物の出荷先と請求先が異なる時に使用する用語です。
Surrender BL|サレンダーBL
引渡し済みBLの意味です。
船会社は、BLを発行し、即Originalを回収することで、荷主による裏書や貨物受取人への郵送、貨物受取人による現地船会社代理店への提示をせずして、貨物引取りが可能という方法のことです。
SDS (Safety Data Sheet)|安全データシート
製品材質・組成や取り扱い注意事項を記載した書類です。
化学製品などの場合、危険品輸送に該当する場合もあり、見積り時や輸送委託時に提示を要求されます。
MSDS Material Safety Data Sheetと同じ意味です。
米国、カナダ、オーストラリアではMSDSの用語を用いていますが、欧州・ニュージーランドではSDSの用語を用います。
Shipper’s Declaration for Dangerous Goods
危険物申告書のことです。

T

T/T Remittance|T/T送金
国際金融決済用語です。T/Tは、Telegraphic Transfer Remittanceの略です。電信為替送金のことで、銀行経由の外貨送金の意味です。
Tariff
輸出入品に対して政府が課す関税と言う意味を持つTariffは、関税(法)、関税率、関税表などの意味にも使われる用語です。
英語ではDutyもTariffと同じく関税と訳されます。この二つの違いは明確にはありませんが、Tariffは関税率表や関税体系にも使われるのに対し、Dutyはお金としての関税を指すときに使われます。
Tariff Code
関税番号のことです。
THC (Terminal Handling Charge)
コンテナヤードで発生する物流コスト用語です。
積出港と揚地港の両方で発生するコンテナターミナルでの取扱費用の一部を船会社が荷主に課金する料金のことです。
TPP (Trans-Pacific Partnership)|環太平洋経済協定
2015年を目処に関税撤廃を目指した地域間経済協定です。
オーストラリア,ブルネイ,カナダ,チリ,日本,マレーシア,メキシコ,ニュージーランド,ペルー,シンガポール,米国及びベトナムの合計12か国が参加しました。2016年2月に署名され、日本は2017年1月に国内手続きの完了を報告しています。
しかし、2017年1月米国はTPPからの離脱を表明、大統領令で署名したことで、12か国での発効が難しくなりました。そこで米国抜き11か国での早期発効(TPP11)を目指しています。

U

UN NO (United Nation Number)|国連番号
国連が規定した危険物を識別するための4桁の番号のことです。危険物運送に関わる規則の中で広く利用されています。

V

Vanning
海上輸送(コンテナ)で使われる物流用語です。コンテナ内に貨物を積み込む作業のことです。
VAT (Value Added Tax)|付加価値税
製品やサービスの消費に課される税です。日本の場合、消費税に該当します。
Volume Charge
容積料金のことです。貨物の容積(縦、横、高)の重量換算が実重量よりも大きい場合に運賃計算される料金のことです。航空貨物の場合、5,000cm3または6,000cm3を1kgとして容積を重量に換算します。
Vessel|本船
貿易用語では、貨物を輸送する船のことです。Shipともいいますが、貿易書類には、本船名=Vessel Nameなどと表現します。

W

Washington Convention|ワシントン条約
希少野生動植物の国際取引を規制する条約がワシントンで締結されたので、ワシントン条約といいます。
正式には、絶滅のおそれのある希少野生動植物の国際取引規制条約CITES(=Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)
White Countries
輸出貿易管理用語です。輸出貿易管理令別表第3に掲げられている不拡散政策令遵守国をいいます。キャッチオール規制の規制対象外となる地域です。
輸出令別表第3に掲載されている国は現在27カ国(2017年現在)
アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チェッコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、大韓民国、ルクセンブルグ、オランダ、ニュージーランド、ノルウエー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、アメリカ合衆国
WTO (World Trade Organization)
世界貿易機関のことです。

X

Y

YAS (Yen Appreciation Surcharge) 
海上輸送で発生する物流コスト用語です。
海上運賃割増料の一種で、円高によって生じる為替差損を海上運賃に加算する調整金のことです。
YASと略します。

z